機械式時計の注意点3(リューズの操作)

・自動式は、リューズでの巻上げを併用する

事務仕事ばかりで、あまり体を動かさない人は、
ゼンマイが自動で十分に巻き上がらないため、
リューズでの巻上げも併用しましょう。

ただし、巻き上げ過ぎないようにしてください。
巻き上げ過ぎは、部品の磨耗が進みますので。

リューズ

・日付変更操作の時間帯

日付表示の機能がある場合、
日付変更の操作が必要になることがあります。
月によって、28日、30日、31日とあるためです。

機械式でありながら、この操作を必要としない、
パーペチュアルカレンダーという
機能がついた時計もあります。

パーペチュアルカレンダーは、
世界三大複雑機構の1つに数えられる
超複雑機構です。

うるう年まで対応してるんですよ。
しかし、かなり高価なもが多いです。
欲しいですけど。

それはさておき、普通の機械式時計では、
日付が変わる午前0時の前後2時間ぐらいは、
操作を避けたほうがよいです。
説明書にも、そう書かれていると思います。

この時間帯に、リューズ操作で日付変更をすると、
日付ディスクのツメが折れてしまうことがあるためです。

&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&
時計を買うときに、強い味方となるカード! 
年会費永年無料で、簡単でお得。

クレジットカード選ぶなら楽天カード!

&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

Follow me!